角栓ケアで黒ずみにおさらば~ウェルカム美肌~

女性

商品と方法で負担減可です

肌に優しいです

女性

洗顔石鹸は他の液状の洗顔化粧品より肌に優しい傾向にあるため、美容皮膚科医などは洗顔の際は洗顔石鹸を使用することを勧めています。というのも、洗顔石鹸は添加物などが少ない傾向にあるからです。その一方で液状の洗顔化粧品は乳化剤などの添加物が多く含まれている傾向にあります。また、洗顔石鹸で洗顔する際、泡立てネット等を使用することでふわふわな泡を作ることができ、そのふわふわな泡で洗うことで肌へのダメージを少なくすることができるとされています。そのため、肌に負担をかけたくないもしくは敏感肌の人は洗顔石鹸を選択して肌ケアを行う方がよいことが言えます。ただし、洗顔石鹸は身近なスーパーやドラッグストアではなく、ネットや化粧品専門店等に揃っている傾向にあります。

洗顔にて落とし切ります

商品にもよりますが、洗顔石鹸を使ったらより肌のダメージを少なくすることができます。しかし、洗顔方法次第では洗濯石鹸の使用に加え、さらに肌ダメージを少なくすることができます。それは化粧などの顔の汚れは洗顔にて落としきることです。クレンジングはナチュラル仕立てでもどうしても少なからず肌に負担をかけさせています。そのため、長時間肌に触れるとダメージを与えやすくなります。しかし、クレンジングは肌の汚れを落とすのではなく、落としやすくする役割を果たしているため、たとえクレンジング後汚れが残っていても洗顔で落とすことが可能となっています。したがって、洗顔石鹸に加え、洗顔にて汚れを落としきる方法を行えばより肌にダメージを与えにくくなります。